医療レーザー脱毛と言うのは、医療行為であり、クリニックや美容外科などだけで行われている脱毛の方法です。元々、医療レーザーと言うのは脱毛を行うために開発された器具では有りません。
有る時、皮膚にあるアザの除去を、医療レーザーを使い行なっていたところ、レーザーを照射させた部分の毛が生えて来ない事が発見されたのです。

これは医療レーザー脱毛の幕開けとなるもので、後の医療レーザー脱毛の基となるものなのです。
レーザーの光は黒いものに強く反応を示してくれます。

そのため、毛穴の奥にある発毛組織に強く反応を示すのです。

但し、黒い物にだけ反応を示すと言うのは、メリットでもありデメリットでもあるのです。



何故ならば、日焼けした肌の場合は、皮膚全体に反応をしてしまいますので、レーザー脱毛を行う事が出来ないと言います。日焼けをして真っ黒になれば、皮膚全体が黒くなりますので当然の話しです。

美容外科やクリニックなどでは初日に脱毛を行う事は有りません。

最初に行うのは、カウンセリングと言うものであり自分がどのようになりたいのかやレーザーによる脱毛の特徴、メリットやデメリット、そして効果などを解りやすく説明を行ってくれるのです。



この時、脱毛における注意点として脱毛を行うまでの間は紫外線対策をいつも以上に行う必要があります。


日焼けをした肌へのレーザーの効果についての説明が行われます。



そのため、脱毛を行う時には日焼けは厳禁と言うなのです。



Copyright (C) 2014 日焼けをしている肌はレーザー脱毛は不向きとなります All Rights Reserved.